元保護犬3カ月経って②

サラが我が家に来て3カ月経過した記録、昨日の続きを書いていきたいと思います。

食事編

サラに一番悩まされたのは、ご飯です。

サラは、保護されてから、預かっていただいていたお宅で、ロイヤルカナン、ニュートロ、サイエンスダイエットといろいろ食べさせた中で、一番サイエンスダイエットが食いつきが良かったという話を聞いていたので、サイエンスダイエットを採用しました。

食べる量は、洗剤スプーン1杯半くらいかなとざっくりと言われましたが、我が家はずっと液体洗剤でスプーンがなかったので、袋に表示されている重量であたえることにしました。

とりあえず、食べません。皿がこわいのか、場所がいやなのかいろいろ工夫しましたが、食べてくれる日と全く食べない日があったり、一日一食という日が続きました。

おやつ嫌い

トッピングにささみ、ヨーグルトなどを乗っけてみたりしましたが、逆効果で、ささみ、ヨーグルト単品なら食べるのに、ドッグフードと混ぜると絶対食べてくれませんでした。

他にも、台があった方がいいのか、エサ皿が違うやつが良いのか変えてみましたが、変えると余計に怖がって、ご飯に寄りつかなくなるので常にステンレスの器で固定することにしました。

サラの体重は、保護時3.3kgと書かれていたのですが、2.9kgまで落ちていきました。

獣医さん曰く、痩せすぎているわけではないから大丈夫とのことでしたが、飼い主は心配になってしまい、食べ慣れていると思われる高カロリーの子犬用を与えてしまいました。

ただ、さすがに高カロリー、一気に体重が3.1kgに。この時、成犬用だけでは食べてくれなくなっていました。

子犬用は内臓脂肪が付きやすくなるので、「成犬用と子犬用を混ぜて徐々に成犬用だけにしてください」と獣医さんに言われて半々ぐらいでしばらく与えていました。

そして、このくらいの時期ぐらいから散歩ができるようになり、お腹がすくようで安定して食べてくれるようになりました。

現在は、成犬用のみを与えています。若干残す日もありますが食べてくれています。

おやつ編

ドックフードをなかなか食べなかったのでおやつは一切与えていませんでした。というよりも全く食べてくれませんでした。おやつを食べる習慣がなかったと思うのですが、ごほうびやしつけの時におやつを使いたかったので、食べる練習?を始めました。

犬用おやつ

まずは、おやつはおいしいんだぞという事を教えるためにケージにジャーキーを入れてみました。もちろん、全く無視。

しばらくすると、ケージにジャーキーを入れておくと食べてくれるようになり、美味しさを理解してくれたようでした。

ただ、手からはなかなか食べてくれず、床に置いておくとくわえて走っていき、部屋のふちで食べていました。

現在は、手から食べてくれるようになりましたが未だ100%ではありません。

手からジャーキー

いろいろやりましたが、嫌がっていた種類のフードでもお腹が空けば何でも食べるようです。どうやら食わず嫌いようで、お腹が空いている時に仕方なく食べて、おいしさがわかったら普通の時でも食べるということがわかりました。

ボーロみたいなおやつも食べれたので、初めは口にしなくても見慣れてくると、何でも食べるということがわかってきました。

おなかの空いている時に、練習すると良いとしつけの先生もおっしゃってたので、名前であるサラという言葉に反応してもらえるように練習中です。

長くなってしまったので、明日に日常生活編を書きたいと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする