ビビりな子でも遊んでもらえる犬のおもちゃ3選

犬を飼ったら、愛犬と一緒に遊びたいと誰でも思いますよね?

 

ただ、我が家に最初にやってきた保護犬のサラは、超ビビり

おもちゃが怖くて仕方がありませんでした。

 

後から来たメイも、初めての物には興味を示しますが、継続しておもちゃに興味を持つ感じではありません。

 

そんな、サラ・メイでも使ってくれる犬のおもちゃを3つ紹介したいと思います。

犬のおもちゃ

 

我が家の特殊なおもちゃ事情

犬のおもちゃには、飼い主と一緒に遊べるタイプのロープ、フリスビーやボール等がありますが、サラは全く興味を持ちません

 

繁殖犬として使われてきたせいか、おもちゃで遊ぶということを知らない犬でした。

そんな、サラが少しでもおもちゃに興味を持つように使ったのが、知育玩具でした。

おやつが美味しいことを知ってからは、一生懸命取り出そうとして少しずつ興味を持っていった感じです。

 

そんなちょっと変わったサラの飼い主が、いくつか買った知育玩具の中で、特におすすめの3つを選びました。

アミーバーボールS

サラが我が家に来て、初期の頃に購入しました。

 

小さめの穴から出るギリギリの大きさに、おやつを切って入れてあげます。

そうすると、転がすだけでは出たり、出なかったりで一生懸命転がして遊んでいます。

また、穴からおやつが見えるので、おもちゃ初心者のサラにはぴったりでした。

 

ちなみに、おやつはこれを切って入れています。

昔のサラが、唯一食べるおやつでした。

今は、いろいろ食べてくれますけどね。

 

KONG(コング)

犬を飼ったことがある方なら、一度は目にしたことがある有名なおもちゃですね。

硬さを考えててシニア用を使っています。

 

独特な形なので、転がる時の動きが予想できない動きをします。

取り出しにくいおやつを詰めてあげると、長時間遊んでくれています。

 

コングの中は洗うことができますが、べたつくおやつを入れる時は、試験管を洗うような細いブラシが必要です。

 

ビジーバディツイスト

このビジーバディツイストが一番のおすすめです。

 

なぜかというと、おやつの出る量がねじの締め方で、簡単に調整できるからです。

サラのような不器用な犬には出しやすく、穴を広めにして、メイのような好奇心旺盛の犬には、穴を狭くするという調整ができます。

 

また、上下2つのパーツに分かれるので、お手入れが簡単です。

 

まとめ

我が家の、ちょっと特殊な状況から選んだおもちゃは、いかがでしたか?

 

今回紹介したような知育玩具は、ストレス解消や認知症予防の効果があるようです。

特に、シニアに入ってきているサラには、どんどん活用していきたいと思います。

 

最後に一つだけ、知育玩具は誤飲事故防止のために、愛犬に合ったサイズの物を選んでくださいね。

 

【今回の動画】

おもちゃで遊ぶシニア犬です。