ジャンプが苦手なサラ・メイ

公園散歩に行くと、現れる段差。

気になっても、上がれないサラ。

登りたい

ちょっと、ぴょんとジャンプするだけで登れそうですが、できません。

サラが、飛び乗れるのは、低めのベッドが限界です。

 

メイは、高さ的に無理ですね。

上に行きたい

 

メイは、こんなに低い階段も無理。

階段ムリ

なぜサラ・メイが段差が苦手かというと、単純に、ママが教えなかったからです。

「そんなことまで教えるの」と思うかもしれませんが、サラは5歳・メイは4歳になるまで室内だけで過ごしていたと思われます(繁殖犬だったので)。

なので、基本平坦ですよね。

 

今ではスタスタ歩くサラでさえ、始めの頃は、ちょっとした段差で躓き、下り坂で転び、上り坂で立ち往生していたんですよ。

なので、ジャンプで飛び乗るという事は、二の次だったんです。

 

それに、ドッグトレーナーの先生曰く、トイプーは骨が細く骨折しやすいということ、複数回の出産で体を酷使されているだろうから、無理にジャンプはさせない方がいいという事になりました。

 

さらに、メイは身体がかなり小さく、骨折にはかなり気をつけなければいけないということだったので、階段も抱っこになりました。

安全第一ですからね。

 

我が家では、サラ・メイが行きたそうな場所には、飼い主が運ぶというスタイルが定着しています。

【今回の動画】